横浜市瀬谷区で葬儀・家族葬をご検討の方へ
セントラルホール横浜葬儀社にお任せください。

日本で唯一の最高評価

第三者によるサービス品質認証の「JECIA五つ星」、「葬祭業安心度調査AAA」、横浜市が認定する「横浜型地域貢献企業認定最上位」を取得した唯一の会社です。お客様にわかり易いご説明と明瞭な金額なご提示、安心のサービス品質を保証いたします。

お客様が本当に必要なものだけを選んだ、不要なものを無くせるお見積り

セントラルホールのお葬式ではお客様が本当に必要なものだけを選ぶことができます。セットでついてくる不要なものを省いて、お客様が考える自分達だけのこだわりの部分を形にしてください。

安心の自社スタッフによる担当制です。
その上、葬儀後もずっとお客様をサポートいたします。

担当者が役割毎に変わるストレスを与えません。担当者が事前のご相談から葬儀後の年忌法要や仏事などいつまでもお手伝いいたします。

プランを見る

横浜市瀬谷区の斎場・葬儀場

横浜市瀬谷区の斎場・葬儀場選びの傾向とポイント

瀬谷区は大和市や厚木市からも繋がっており、横浜駅からも1本の路線で繋がるアクセスの良い場所です。近隣には横浜市営北部斎場がありますので費用を低く抑えたい場合はそちらの利用がおすすめです。また道路網が通っていますので、横浜市の主要地区へのアクセスも容易です。お客様だけの暖かいご葬儀ができるよう、ご要望を細かく形にしてプランニングさせていただきます。瀬谷区でのご葬儀はいつでもセントラルホールにご相談ください。

※横浜市では葬祭費補助金として5万円が支給されます。詳しくは市役所の窓口にお問い合わせください。

式場がありません

横浜市瀬谷区の歴史

江戸時代

江戸時代:徳川氏の支配下で初めて検地!農村地帯として栄えた

瀬谷区には2万年前から人が住んでいたとされています。豊かな土壌に恵まれていましたが江戸時代に入り徳川家の支配下で検地が行われ、瀬谷野新田が開墾されて農村地帯として栄えてきました。米作りや布づくりが盛んに営まれてきました。

明治時代

明治時代:市制により鎌倉郡瀬谷村が誕生

明治時代に入ると市町村制施行により鎌倉郡瀬谷村が誕生しました。初代村長には守屋平助が選出されました。明治期は養蚕が盛んで区内には桑畑が多くあり野鳥館や石井製糸場、川口製糸場や小沢製糸場など多くの製糸場がありました。

昭和時代

昭和時代:戸塚区から独立!瀬谷市民の森がオープン

昭和に入ると瀬谷村は横浜市に編入し戸塚区の一部となります。昭和44年には戸塚区から旧瀬谷村と阿久和町が分立し瀬谷区が誕生しました。横浜市には市民の憩いの場としての市民の森の制度があり、1976年に瀬谷市民の森がオープンしました。

各種お問い合わせ

当社は無理な勧誘や売り込みは一切いたしませんので、安心してお問い合わせください。

お急ぎの方は、お電話をご利用ください。

相談無料 年中無休 24時間対応

わたしたち葬祭ディレクターがお伺いいたします。
ご質問だけでもお気軽にお問い合わせください!

じっくりとご相談されたい方はこちら

「急なお葬式で困った!」「何をしていいかわからない」など
お葬式に関してご相談されたい・詳しい資料が欲しい方は
下記のボタンからお問い合わせください。